うきまいる

うきたん マイルを貯めて いろんなところに参ります♬

世界一周 第二陣 ブダペスト&スロヴェニア周遊 - 行き先決定💕

世界一周 第二陣 行き先決定しました!

 

 

行き先決定  - ブダペスト & スロヴェニア周遊

ブダペスト & スロヴェニア周遊

に決定ですヾ(*´∀`*)ノ

 

 最初のイギリス・アイルランド案から、決まるまで長かった・・・

そのなりゆきは前回の記事にしたためております。

www.ukimile.com

 

そして結局採用したのは第三案のブダペストスロヴェニア周遊旅。

スロヴェニアとしては20㎞程度しかないアドリア海 海岸線沿いの街にも立ち寄る予定にしました!

あ、周遊といってもスロヴェニアの西半分か💦

f:id:koyukizou:20190321082629p:plain

世界遺産"ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り"

ハンガリー世界遺産"ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り"の構成資産は以下の通りなのですが、2018年11月の初ブダペスト旅では、以下ピンクのところを訪れただけで、緑部分はの景を眺めて満足しておりました。

でもせっかく往路のフライトがブダペスト入りなので、4泊してブダペスト観光を楽しむ予定です!

 

f:id:koyukizou:20190321074935p:plain

ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り - Wikipedia

 

 

遠景もすばらしいけど近くでみたいブダ王宮

BudapestCastle 028.jpg

 

 
By © Túrelio (via Wikimedia-Commons), CC BY-SA 3.0 de, Link

 

 

夜景も美しい国会議事堂もまだみてないし・・・

Budapest Parlament Building.jpg
By Maurice - https://www.flickr.com/photos/mauricedb/2674684252/sizes/l/, CC 表示 2.0, Link

 

この美しい漁夫の砦も近くでみてみたい!

Budapestfishermansbastionavertical.jpg
By Ealdgyth - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, Link

 

マーチャーシュ聖堂のモザイク屋根もみたいし

2006 Matyas temple 026.jpg
By ハンガリー語版ウィキペディアMarci1994さん, CC 表示-継承 3.0, Link

 

もちろん世界遺産だけでなく、前回の旅で萌えまくった西駅にもまた行きたいし💕

f:id:koyukizou:20181125111210j:plain

国民から愛されている初代国王にしてカトリックの聖人イシュトバーンの右手が納められている聖イシュトヴァーン大聖堂にもいかねば!

Budapest, St. Stephen's Basilica C16.jpg
By Adam Kliczek, CC 表示-継承 3.0, Link

 

中央市場の建物も見たいし、お買い物もしたい!

Budapest-vasarcsarnok-aussen.jpg
By Andreas Poeschek, fotografikus.hu - Andreas Poeschek, fotografikus.hu, CC BY-SA 2.0 at, Link

 

SNSで見かけたこのピクルスを買いたい~ヾ(*´∀`*)ノ

 

f:id:koyukizou:20190321083930p:plain

 

丸3日間のブダペスト滞在ですが、めいっぱい楽しみたいと思います!

ブダペストのお宿

前回はマリオットのキャッスルビューのお部屋に泊まりましたが、今回4泊ともなると財政的に厳しく、初Airbnbを体験することに!

SNSでも呟いたのですが、私はお部屋からの眺望を重要視していることを再認識したので、この点に重きをおいて宿検索!

f:id:koyukizou:20190321104406p:plain

 

そして見つけたのが↓のAirbnb。初Airbnbでナーバスになっておりますが、この景色をお部屋からワインを飲みながら見られるのなら試してみる価値あり!ということで宿泊することにいたしました!

www.airbnb.jp

仮に窓からの景色が角度的にうまく見えなくても、外にでればみられること間違いないと言い聞かせてます。(^^ 

 

-- スポンサーリンク --

 

バスでスロヴェニア リュブリャナ

当初は、ブダペストから電車でクロアチア ザグレブ入りし、クロアチアスロヴェニアをレンタカーで旅しようと考えていました。

しかし、クロアチアシェンゲン協定非加盟国(2019年3月21日現在)なので、スロヴェニアとの国境ではパスポートコントロールがあり国境を超えるのに渋滞するとの記事をみかけちゃったものだから、クロアチアには寄らないことに。

 

となると、うーむ、どうやってスロヴェニア入りするか💦

 

スロヴェニアの滞在は4泊、短い期間だから効率的に回りたい。 

飛行機は直行便はなく、乗り継ぎまでして飛行機で行くのもなんだなということで・・・

 

バス旅にすることにしました!

 

f:id:koyukizou:20190321105839p:plain

 

FLIXBUS

今回選んだのはFLIXBUS。昨年クロアチアザグレブからプリトビチェに向かう際に利用したのですがなかなか快適でした。

ネットでチケットも買えるし、追加料金はかかりますが座席指定もできますので安心💕

 

時間はかかりますが、お値段なんと約20€から!

車窓を眺めながらだからきっと楽しいはず~

腰は心配だけど・・・

 

f:id:koyukizou:20190321084844p:plain 

Bus travel through Europe | FlixBus

 

 

スロヴェニア周遊はレンタカーで!

今回のスロヴェニア旅のテーマはズバリ 自然

美しく雄大な自然を満喫したいと思っています!

 

ブレッド湖

まずは”アルプスの瞳”と称されるブレッド湖~。

バックはユリアンアルプス。美しい湖面、小島の教会。あぁ、どれをとってもうっとり、ほぅ。。

Bled island July 2005.jpg

By 英語版ウィキペディアHuman writeさん - en.wikipedia からコモンズに移動されました。, パブリック・ドメイン, Link

リゾート地だけあって、半年前には満室の宿泊施設もチラホラ。昨年のクロアチアも同じように海沿い宿の争奪戦ははげしく人気宿からうまってしまうので、夏のバカンスシーズンにリゾート地にいかれる際はホテルのチェックはお早目に!

 

 

ヴィントガル峡谷

日本でもみられるような景色といってしまえばそれまでなのですが💦

私的には萌え萌え💕

昨年のプリトビチェもそうですが、どこか日本的な雰囲気も感じながらもヨーロッパの自然を感じるとか、違いを感じるのがゾクゾクするんです(^^

Vintgar.jpg
By Lutz Maertens - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

 

ユリアンアルプス

アルプス山脈の東端がこのユリアンアルプスになります。

ぜったいこの景色をみたい!

 

本当ならがっつりトレッキングしたいのんだけど・・・軽いトレッキングもできる足状態ではないので、いかにこんな景色を見るかただいまドライブルートをいろいろ考え中です。

 

f:id:koyukizou:20190321094904p:plain

Google旅行ガイド

 

スイスにはいったことないけれど、ドイツ側からみたアルプスや、ミラノのドゥモ屋上からみたアルプスなど、切り立ったこの山並みは私の心を揺さぶるんですよね・・

↓はドイツ。

f:id:koyukizou:20050115183418j:plain

 

いつかスイスにも行きたいなぁ。。。

コバリド

第一次世界大戦でイタリアとオーストリアの最後の攻防戦がこの地で行われ、「カポレットの戦い」と呼ばれているのですが、これがヘミングウェイの「武器よさらばの題材となっているとのこと。

自然が美しいとところではあるのですが、博物館にも立ち寄って歴史も学びたいと思っています。

シュコツィアン洞窟群

シュコツィアン洞窟群は世界遺産なんです!

洞窟内は写真撮影禁止とのことなので、WEB検索するにも限りがあり、どんなところなのかなと妄想が膨らんでいます

 

f:id:koyukizou:20190321095544p:plain

https://www.park-skocjanske-jame.si/en

 

スロヴェニアには、もうひとつ有名な鍾乳洞"ポストイナ鍾乳洞"があります。地理的には首都のリュブリャナから近いこともあるのか大人気の観光スポットらしいのですが、時間的にもどちらかひとつしかまわれないかなということで私はシュコツィアンを選択。

理由のひとつは・・・以下のウィキペディアの一文でした。

この地方は「カルスト地形」研究史上、世界的に最も知られた場所で、カルストの語源にもなっている。

シュコツィアン洞窟群 - Wikipedia

 

私は全然地質には詳しくないのですが、カルスト地形は私の萌えスポットをついてくるんです。

日本にも秋吉台等ありますが規模が全然違う!クロアチアでそれを目の当たりにして、私のカルスト愛は増す一方。

 

そして、そもそもカルストの語源にもなっているこのシュコツィアンがあるスロヴェニアのクラス地方っていうんだから、もういかねばなるまい・・

カルストという語は、スロベニアのクラス地方(岩石を意味する古代の地方名Carusadus、Carsusに由来)に語源がある。この地方には中生代白亜紀から新生代第三紀初頭にかけて堆積した石灰岩が厚く分布し、溶食による地形が広く見られるが、地政的にスロベニア語でKras、ドイツ語でKarst、イタリア語ではCarsoと呼ばれてきた。とくに1893年のJ. ツィーチによるドイツ語論文「Das Karstphänomen」によって、同種の地形を表す呼び名として「カルスト」がヨーロッパで広く使われるようになり、世界的に定着した[1]。

カルスト地形 - Wikipedia

 

あぁ、どんな景色が広がってるんだろう・・・・妄想がふくらむわヾ(*´∀`*)ノ

ピラン

シュコツィアンからそれほど遠くないこともあり、やはりアドリア海の景色もみてみたいということでピランで一泊することにしました。

本当はクロアチアのモトブンに行きたいと思っていましたが、国境の混雑を懸念してクロアチア入りは断念。

クロアチアではないけれど、イストゥラ半島のワインやトリュフがいただけないかしら・・・と淡い期待も(^^

ピランの景観
By Richard Huber - 自ら撮影, CC 表示-継承 3.0, Link

 

いやぁ、もうここまで記事を書いたら旅行にいった気分になってます💦

 

旅程

というわけで現在の旅程は以下の通り。宿、レンタカー、バスはすべておさえました!

あとは行くだ・・・け・・・

f:id:koyukizou:20190321104933p:plain

 

 

あ! 国際免許は忘れずにとりにいかなきゃ💦💦

 

https://3.bp.blogspot.com/-JT_IlCeHXSg/WtRzOqcjaPI/AAAAAAABLk4/FLWbHeM68lAa069Kj8U0OJGhv3cMzP5qgCLcBGAs/s800/menkyo_gold_woman.png

 

参考にさせていただいたサイト

いろんなサイトを参考にさせていただきましたが、以下3サイトが私のスロヴェニア熱をあげてくださいました。 ありがとうございます!

素敵なお写真がいっぱいですのでぜひご覧になってみてください!

スロヴェニアにいきたくなること請け合いです(^^

★Slovenia | How do you go to Europe? ~ヨーロッパ15ヶ国、3ヶ月の女ひとり旅~

un_voyage♪♪

[海外] スロベニア【日々是旅行】 ラウンジだったり!?グルメだったり!?