うきまいる

うきたん マイルを貯めて いろんなところに参ります♬

世界一周 第一陣 中欧ショートトリップ#10 - ブダペストの夜景 マリオットからの眺めも抜群!

中欧旅行記はこちらからどうぞ♪ 201811中欧旅行 
これまでの旅の様子はこちらからどうぞ♪

www.ukimile.com


降り立ったブダペスト西駅は私のアンテナをびんびんに刺激してきます。

レトロ美しいブダペスト西駅

この駅舎はエッフェル塔で知られているギュスターヴ・エッフェル氏の設計で、1877年に完成。優しいオレンジ色の光で、肉眼でもセピア色の世界を見ることができます。

はぅ、美しい・・・

 

f:id:koyukizou:20181124191557j:plain

駅舎はあるんですが、すべての電車が入れるわけでなく私の乗ってきた列車は駅舎の大分手前で停車。

この風景、もうヨーロッパの映画みたい! ってここはヨーロッパですが💦

f:id:koyukizou:20181124191136j:plain

そのおかげで駅舎の裏側もばっちりみえて、思わずため息がもれました (^^

私は戦地に送り出す婚約者を見送りにきた気分です。  どんなや

f:id:koyukizou:20181124191151j:plain

ディーゼルですよね。男らしいこの先頭車がまたそそるわ~ 

あ、鉄子さんではないのですが、国にをまたいで運航している電車という存在そのものが非日常で心がざわつきます。

f:id:koyukizou:20181124191232j:plain

新しい車両も快適ですけどね(^^

f:id:koyukizou:20181124191257j:plain

f:id:koyukizou:20181124191302j:plain

キュン・・・

f:id:koyukizou:20181124191629j:plain

駅舎の全面ももちろんガラス張り。

f:id:koyukizou:20181124191522j:plain

ドアもレトロ、もちろん自動ドアじゃない。

そこから見える街との距離感がまたすごく不思議。
こっちが過去 ドアをくぐったら現代

そんな気持ち。

f:id:koyukizou:20181124192128j:plain

はい、現実(^^
西駅を出て地下にもぐったところです。

f:id:koyukizou:20181124192450j:plain

この紙の散らばり具合に、若干不安を覚えますが・・・無事切符を購入。

f:id:koyukizou:20181124192814j:plain

で、乗ったバスは大混雑。これはまぎれもない現実。(^^

f:id:koyukizou:20181231092630p:plain

 

デアーク・フェレンツ広場 Deák Ferenc tér

広場に降り立ってまず目に飛び込んできたのは、真っ白なイルミネーション!

街のあったかいオレンジ色の光とは対照的に、とってもクリア! なんだか気持ちがスーっとする! 新しい発見(^^

f:id:koyukizou:20181124194213j:plain

かなりの雨だったので、そそそそーっと速足で駆け抜けました。

f:id:koyukizou:20181231105645j:plain

デアーク・フェレンツ通りを川方向に歩いていくと、ぱぁっと広がったこの風景✨

雨がふるのもかまわず、思わず見とれてしまいました。なんと美しい・・・

(実際にはもう少しオレンジ色抑え目かも)

f:id:koyukizou:20181124195225j:plain

早くチェックインして川沿いを歩いてみよう!

 

ブダペスト・マリオット・ホテル

今回私が泊まったのは、ブダペスト・マリオット・ホテル。

とにかくブダペストでは、王宮と鎖橋の夜景を堪能したかったのでマリオットのリバービュールームを選びました。

鎖橋に近いホテルは ソフィテル、インターコンチネンタル、フォーシーズンズなどあるけれど、王宮と鎖橋を一緒にみるという観点からマリオットを選んでみました。

(ようは他ホテルは近すぎるんじゃないかな、と)

f:id:koyukizou:20181231111003j:plain

結果は・・・大正解! お部屋からの眺めです💕

これぞ景色をひとりじめできる幸せ。寒かろうが、雨だろうが関係なーいヾ(*´∀`*)ノ

f:id:koyukizou:20181124200656j:plain

 

そして安定のマリオット。安心して泊まれます。

コンプリメンタリーのお水の置き方に、自由さを感じます(;・∀・)

久しぶりに湯舟につかれるのも幸せ~。気温もそれほど低くなく凍えるほどの寒さではないけれど、湯舟につかればリラックスできますもんね。

f:id:koyukizou:20181231114836j:plain

お部屋でコーヒーが無料で飲めるのはありがたい~。ウィーンのホテルは数ユーロかかったもんなぁ・・

 

窓際のソファーからは王宮がばっちりみえるのよね~ カーテン越しに少し透けてみえるでしょう? 

でもお部屋の明かりを全部消さないと、窓に反射して外の景色が綺麗に見えないのが難点かしら。(^^  

f:id:koyukizou:20181124200109j:plain

いまどき当たり前になってきているのかもだけどUSBポートがあったのは、地味に便利でした(^^

f:id:koyukizou:20181124222607j:plain

エントランスはスッキリ。そこでお出迎えしてくれたのは・・・

f:id:koyukizou:20181124203814j:plain

こんなキュートな飾り物!

ダイキンぴちょんくんの緑バージョンみたいな!(^^ すっごい癒されます。

f:id:koyukizou:20181124204013j:plain

 

さぁ、少しお散歩しましょ✨

 

リバーウォーク

かなりな雨だったので、走行する車に水たまりの水を跳ね上げられ、全身ずぶぬれになるという手痛いハプニングもありましたが💦 なんとか川沿いの線路をくぐり、道路を横断し川沿いに到達しました。

川沿いには船がたくさん! 多くは常時係留されていてレストランになっているみたい。 この夜景を見ながらお食事なんてロマンティック💕f:id:koyukizou:20181124204652j:plain

セーチェーニ鎖橋は 伯爵セーチェーニ・イシュトヴァーン支援のもとに1849年に完成した鎖橋なんですが、残念ながら支援者ご当人のセーチェーニ伯爵は完成をみることはかなわなかったとのこと。

第二次世界大戦中に戦略的に中央部が破壊されたとのことですが、戦後は川に落ちた橋を拾い上げ再利用しながら元の姿を保つように修復されたんですって。

それがヨーロッパでも指折りの美しい橋と称され、世界遺産にもつながることになったんですね。

f:id:koyukizou:20181124205118j:plain

はからずして美しい写真がとれました。 きっとただのぴんぼけ・・・💦

f:id:koyukizou:20181124205745j:plain

 

あぁ、ずっとこの景色をみていたい・・・

ふっ・・・部屋から見えるのさ(^^

f:id:koyukizou:20181124205916j:plain

リバーサイドの遊歩道はずっと続いていてもっと歩きたかったのですが、かなり暗く、ほとんど人もいなかったのでここらで撤退。

 

胃の調子がわるかったこともあって、朝ごはんを食べたきり何も食べてなかったので(ウィンナーコーヒーだけ)、レストランでワインとサラダでブダペストの夜に乾杯💕

 

f:id:koyukizou:20181124212812j:plain

明日はもう一度西駅に出向いて萌えまくります~ヾ(*´∀`*)ノ

 


旅の続きはこちらからどうぞ♬

www.ukimile.com

中欧旅行記はこちらからどうぞ♪ 201811中欧旅行