うきまいる

うきたん 陸マイラーになる! その歩みの記録。

ミャンマー バガン限界検証旅行 - 出発はかなりのドキドキから💕

ミャンマー全旅行記はこちらからどうぞ♪  ミャンマー旅行記


さぁ、ミャンマーへ旅立ちますよ!

旅程

今回の観光ターゲットは、ずばりバガン遺跡オンリー(^^;; 

香港はちょっとしたおまけです。

3泊4日の旅ですが、空港、機中、ホテル、それぞれ一泊ずつという、なかなかな弾丸旅です(^^

短い旅程&弾丸旅行だからこそ優先したのは羽田発着便であること。神奈川在住なので羽田の方が圧倒的に近いのですよね(^^

 

f:id:koyukizou:20180224230909p:plain

初日は午前中は自宅で仕事をしてからでようと思ったのですが・・・
なんと前日に・・・

f:id:koyukizou:20180224232203p:plain

なんですと!!

 

KenKenさまのお写真の大ファンの私はかなり舞い上がっちゃいました💕
KenKenさまのツイッタープロフィール画面はバガンの景色!まさにこれから私がくところです。何かお話が聞ければいいな。

・・・

はっきり言って腰痛の不安よりも、ミャンマー旅行の不安よりも、
この偶然&KenKenさまにお会いできる!ということで心臓バクバクです。

 (みんな私がこんなにもドキドキしてたなんて知らないだろうな)

寒い・・・

ミャンマーバガン遺跡は現役のお寺が多く、お寺に入るときは裸足にならなければなりません。(靴下も脱がないとダメ)香港もありますし歩き回る観光なのでスニーカーで行くことも考えたのですが、この小さなリュックだけの旅に靴を持っていくスペースはありません。

加えて暖かい地域に行きますので、コートをどうするか、靴をどうするか悩んだあげく、薄着&サンダルで出かけることに。

空港に入ってしまえば寒さは関係ないですから~、なんて思ってましたが、空港行きのバス待ちの時間が辛い、辛い(> <

f:id:koyukizou:20180225074446j:plain

マイルの行方

今回はキャセイパシフィック航空のエコノミークラスで参ります。予約クラスはV。
残念ながらJALマイレージへの積算率は0です。

f:id:koyukizou:20180225183238p:plain

JALマイレージバンク - キャセイパシフィック航空 / キャセイドラゴン航空

 

大したマイルでもないし、まぁいっか!と一旦思ったのですが、他のワンワールド加盟航空会社のマイレージプログラムで貯めたらどうかな?と思って調べてみると以下の通りで貯められる航空会社もありそう(^O^)
今回はブリティッシュエアウェイズのAviosに貯めることにしました。

f:id:koyukizou:20180225185610p:plain

 

理由は以下の通りで、今後もJALの国内線を利用する場合使い勝手がよさそうだなと思いAviosに貯めてみることにしました!

  • JAL国内便の特典航空券がお得にとれそうだということ
  • Aviosをグルーポン経由で購入するルートがありそうだということ

まだ右も左もよくわからないので、詳細は先輩方のブログを是非参考になさってくださいませ。(^^;; 参考にさせていただいたサイトをリンクさせていただきます。


私もいつか特典航空券を発券したら体験記を載せてみたいとおもいます♪

 

www.nonbirimile.com

www.seize-one-world.com

 

スポンサーリンク

 

チェックイン

というわけでチェックインカウンターがオープンしたので意気揚々と向かいます。
目指すは このビジネスクラスのチェックインカウンター。
ワンワールドサファイアですので利用できます💕

f:id:koyukizou:20180201131252j:plain

 

私の身を証明するものはこのJALサファイアカードしかない!
鼻息荒くカードを握りしめチェックインカウンターへ。(^^

「ブリティッシュエアウェイズのAviosマイレージ加算してください。ワンワールドサファイアなのでラウンジインビテーションもお願いしますっ♪」

となんの疑問も持たずにお願いしたんです。

担当した方が新人さんだったからか、途中で先輩に確認に行かれたりで20分ほどかかったんじゃないでしょうか。

私:「もしかしてすごく難しいことをお願いしているのでしたら、キャセイのアジアマイルを登録していただいてもいいのですが、大丈夫ですか?」

GS:「はい、問題ございません。お時間がかかってしまい申し訳ありません。」

 

しばらくして発券されたチケットがこちら。
今から思うと帰りに発生するRGN事件※1の予兆だったのでしょう。

f:id:koyukizou:20180225191845p:plain

※1:RGN事件:wikiwiki (@Travelitwell)さま命名。詳細は帰りの旅行記にて。

両替は命を救う

現地でキャッシングや両替ができないケースもあるため、国によってちがいますがおおよそ1~3万円ほどは日本で両替してから旅行するのが常です。

羽田空港ではミャンマーの通貨チャットへの両替はできませんので(2018年2月1日現在)、今回は以下に両替をし出国しました。(自宅にあったUSドル100ドル程度も持参)

これがのちに自分を救うのであります(;・∀・) (この顛末はまたのちほど・・・)

 

今回は赤いじゅうたんは通れませんでした。
なんでもキャセイ便ならキャセイの上級会員じゃないと使えないんですって。
やむなしっ。奥の一般レーンから出国ですっ。

f:id:koyukizou:20180201134033j:plain

 

ドキドキの瞬間

KenKenさまとどこで会えるのか時間がどれくらいあるのかわからなかったので、とりあえずサクララウンジ4階でお待ちすることに。

入って間もなくしてご連絡が! ラウンジでお待ちしています♪ とタイプしようとしたその時気が付きました・・・

「KenKenさまは右のお方だ・・・」

f:id:koyukizou:20180225194925p:plain

 もう心臓バクバクで運命の分かれ道↑まででてくると、そこにはKenKenさまのお姿が~。

「あ~KenKenさまだ~」

すみません、これが第一印象でした💦

ご厚意でファーストラウンジにご招待いただき、JALの機体をバックにかんぱい♪ させていただきました(^O^)

緊張しまくってたわたしは初のファーストクラスラウンジというにもかかわらず写真はこの一枚のみ(;´∀`) いただいたJALカレーの味も覚えてない(;・∀・)

憧れの君にお会いできた瞬間なのでした(^^

f:id:koyukizou:20180225212433j:plain

 

今回本当に出発前にKenKenさまにお会いできて良かった~。

買ったばかりで説明書も読んでなければ練習もしていない私にカメラの設定をみていただけたこと、色味の変更などのアドバイスなど、いろいろ教えていただけたことでした。

これがなければこの後の綺麗な写真は撮れなかったんだと思うと、感謝してもしきれません、KenKenさま!ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

限界検証旅行の始まり

f:id:koyukizou:20180201152637j:plain

KenKenさまとお別れして搭乗口まできた時に・・・

「すっぴんだったな」

と思ったのけど後のまつり。お化粧してもあまり変わり映えしないのでいっか(^^;;

私基本的に会社行くとき以外はお化粧をしません。
特に旅行中は面倒なのでスッピン、お化粧道具も持っていきません。アジア旅はなおさら雨、汗との闘いなので個人的にはファンデーションとか絶対無理!なのです。

 

さて限界検証旅行1レグ目~。幸い非常口席がゲットできエコノミーといえどもわりと快適・・・

はっ!腰痛ベルトしてない(-_-;;

仕方ない、腰に気を付けつつ姿勢よくすごそう・・・

f:id:koyukizou:20180201154631j:plain

機内食も美味しく、デザートのハーゲンダッツが固すぎてスプーンが折れるというハプニングもありつつではありましたが無事4.5時間を乗り切ったのでありました。

うふ。ほとんど寝てました(^^

 

f:id:koyukizou:20180225201727j:plain

さぁ、ここまでは腰も大丈夫。次のフライトに備え腰痛ベルトを装着♪
これで次の便は安心~

 

飛行機のディレイもあり香港のラウンジ利用は無理そうだったので、乗継便のゲートに向かうのですが・・・・・着きません(-_-;;

先が見えない💦

f:id:koyukizou:20180201211703j:plain

乗継便のキャセイドラゴン ヤンゴン行きはNorth Satellite Concourseからの出発。
マップを見ることもなく標識をたよりに進んでいったので、いけどもいけども着かない~と少々焦りつつ乗り換え便のゲートに到着。

おそらく最長ルートを乗り換えた模様。下には電車も走っていたようで下調べ不足の自分を呪いました💦

f:id:koyukizou:20180225203806p:plain

 

North Satellite Concourseのセキュリティー検査では、腰痛ベルトでピーと鳴っちう一幕も(^^;;あわてて外そうとすると勝手知ったる感じなのか係員の方も「いいから」と言ってくださりそのまま通過。
金属の骨が入って腰痛ベルトにはご注意くださいませ。

 

さて限界検証旅行2レグ目~。キャセイドラゴン ヤンゴン行きは満席の模様。足元は狭いものの3時間ですからなんとか乗り切りました。
機内食は美味しかったのですが味見程度。アイスクリームだけしっかりいただきました。
バナナ味のハーゲンダッツってはじめてみましたよ~ヾ(*´∀`*)ノ

 

f:id:koyukizou:20180225204558j:plain

ミャンマー到着

そろそろヤンゴン到着です。
この旅の懸念点は腰の事を除けば以下の通り。
このうち1から3は、うまくいくにしてもいかないにしても、このヤンゴン空港でスッキリします。

  1. パスポート
  2. ビザ
  3. 空港泊
  4. Eバイク

懸念の理由は以下をご覧くださいませ(^^

www.ukimile.com

 

うきたん
はたして無事に入国できるのか! 
空港泊は安全だったのか!

 

次回こうご期待(^^



ミャンマー全旅行記はこちらからどうぞ♪  ミャンマー旅行記