うきまいる

うきたん 陸マイラーになる! その歩みの記録。

メルボルン(OKA-MEL)旅行記7 - 市内観光そして帰国

メルボルン全旅行記はこちらからどうぞ♪  JGC解脱の旅 メルボルン


目次

※注意:ビクトリアマーケットのところでは、豚の解体写真があるのでお嫌な方は”精肉”セクションをスキップいただきますようお願いいたします。

腰の調子は1up

昨日まではこんなでしたが

f:id:koyukizou:20171105203551p:plain

f:id:koyukizou:20171112084004p:plain

f:id:koyukizou:20171111235043p:plain

こんな感じで日に日に悪化しています(T_T

もはやウェスティンのヘブンリーベッドはヘルベッド。拷問でしかなく眠れない。

ホテルにいても休息にならないのででかけることに。。。

クイーン ビクトリア マーケット

クイーン ビクトリア マーケットは、南半球で最も大きい屋外市場の 1 つでメルボルンが運営しているのですって。肉、魚、野菜だけでなく、服や雑貨、お土産物まで売っています。600軒以上のお店があるんですって! 観光客用のマーケットでなく住民の方がメインの利用者ということでわくわく。

f:id:koyukizou:20171017082320j:plain

無料トラムで行けるのですが一駅乗り過ごすと有料区間となってしまうので降りる駅にはご注意ください。私はエリザベスストリート側から入りました。

f:id:koyukizou:20171112090345p:plain

 

鮮魚

エリザベスストリート側から入ると、まず目に飛び込んでくるのはお魚、お肉のお店。

貝類もいろいろですが、やっぱりタスマニア産のカキよね~

f:id:koyukizou:20171017083022j:plain

と思ったら、ここのカキはCOFFIN BAY産。初めて聞きました!海外には流通しないのかもなぁ。違うお店にはもちろんタスマニア産のカキもありました~

f:id:koyukizou:20171112094922p:plain

 

主婦と思しき方や、シェフのような方がお買い物されていました。朝8;30の様子です。

サーモン、ロブスター、カニ、カキ、ムール貝! どれもこれも食べたい!

f:id:koyukizou:20171112091341j:plain

精肉

次はお肉です~。

f:id:koyukizou:20171017082458j:plain

豚さんもこの場で解体されています。皮だか脂肪は綺麗にロールされています。このブッチャーさんは整理整頓ができる人なんだろうな(^^

それにしてもどのお肉も美味しそう~

f:id:koyukizou:20171112095755j:plain

 

生のお肉だけでなく、揚げるだけ、ソテーするだけ、オーブン入れるだけになった状態でも売っていました。やっぱりどこの国でも便利ですよね。(^^

 f:id:koyukizou:20171017082700j:plain

スポンサーリンク

 

加工品・他

生のお肉、お魚だけでなく、加工品もいっぱいです。

こちらはソーセージやさん。大きくて美味しそう♪

f:id:koyukizou:20171112100135j:plain

乾燥たら(干しだら?)もいたりして(^^ 日本と一緒だー。

f:id:koyukizou:20171112100335p:plain

パン屋さんもあるし~

f:id:koyukizou:20171017083322j:plain

チョコレートやさん~

f:id:koyukizou:20171017083434j:plain

大好きなチーズ!

f:id:koyukizou:20171017083541j:plain

ピクルス&お惣菜やさん

f:id:koyukizou:20171017084536j:plain

美味しそうなサンドイッチ!

f:id:koyukizou:20171017083635j:plain

ケーキ屋さんだってある!

f:id:koyukizou:20171017083658j:plain

まだまだあるよ?

野菜・果物・他

ここまでは屋内にある市場でしたが、お野菜や雑貨、服などは屋外の市場に売っています。

f:id:koyukizou:20171017084636j:plain

なじみのあるお野菜もいっぱい。ここはチャイニーズ系の方のお店でした。パクチーも売ってるの!

f:id:koyukizou:20171017084802j:plain

大きいセロリが売っているのはうらやましいなぁ。隣はターサイ??

f:id:koyukizou:20171017084839j:plain

 

オーストラリアって、こんなに辛いもの使う料理ってあったっけ??唐辛子も山盛り。

f:id:koyukizou:20171017085330j:plain

フルーツもたくさん!

f:id:koyukizou:20171017085318j:plain

蒸したマッシュルームを打ってくれるお店もありました!

f:id:koyukizou:20171017085109j:plain

オーガニックコーナーにははちみつもあります~。ニュージーランド、オーストラリアのマヌカハニーは有名ですよね。でもお高いの~。

f:id:koyukizou:20171017090642j:plain

市街地からこんなに近くてこんな大きな市場があるなんてとっても利便性がいいですね。次回メルボルンを訪ねるならアパートメントタイプのところに泊まって自分で料理しながら滞在したいなぁと思ってしまいました。

f:id:koyukizou:20171017085526j:plain

あぁ、あれもこれも買いたくて困っちゃいました!
市場、スーパーと高いところに上って全体をみるのは、旅程の最初に組み込むべきでね。最終日に市場にきても何もできない~。

スポンサーリンク

 

サクララウンジ

もちろんJALサクララウンジではありません。

マーケットにでかけてすぐ、ここまで来たことを後悔しました、そう腰です。
マーケットの一列を見て椅子に座り、一列をみて椅子に座りの繰り返し。もう普通に息するだけで痛いので、呼吸は浅くなり、我慢もしているので体は火照り・・・・

腰を押したり、腹筋に力を入れたりするとわりと楽だったので、 これはマッサージがいいんじゃないかと探し当てたのがサクララウンジでした。

http://www.sakuralounge.com.au/

f:id:koyukizou:20171112105554j:plain

整体もあるとのことで整体コースをチョイス。

腰痛を我慢することでいろんなところが凝っていたのでリラックスできました。

60分88豪ドル。終わってみると体はすっきりでした。

セントパトリック大聖堂

というわけでセントパトリック大聖堂に! 昨日のワイナリツアーに行く際に車窓からちらっと見え素敵な教会だな、と思ったのです。

向かう途中にあった州議事堂にではウェディングフォトの撮影も行われていました。天気が良くてよかったですね~。 あれ?旦那様がいないな。(^^;;

f:id:koyukizou:20171112110346p:plain

 

セント パトリック大聖堂はメルボルン市街地の端の方にあるのですが、オーストラリア一の高さの大聖堂とのことです。

f:id:koyukizou:20171017115909j:plain

中のステンドグラスはとても美しかったですよ~

f:id:koyukizou:20171112111129j:plain落ち着いた色合いで真っ青な空に映えます。こういう景色をみていると日本の生活はすっかり忘れてしまいそうです。

f:id:koyukizou:20171017115251j:plain

この後は、ビクトリア州立図書館、旧メルボルン監獄に行こう。

と思っていましたが・・

 

限界

・・・もう限界でした。この景色を見ながらベンチに座り込みました。

整体の効果も30分ほど。またすぐに痛くなり意識朦朧、目の前はブラックアウト寸前。もう痛みはどうにもならないから痛みを抑えるしかないとようやく気が付き、痛み止めを飲もうと思いホテルに急ぎます。

しかしいつも持ち歩いている痛み止めがないっ。(胃薬はあるのにっ)

f:id:koyukizou:20171112112129p:plain

もうダメだ、動けない・・・

 

チェックアウト&薬局

チェックアウトまでホテルにこもりました。その間にオーストラリアで薬は帰るのか、痛み止めは何がいいのか調べまくり、薬局に行けば帰ることがわかりましたので一安心。

またワインを入れる段ボールを持ってきたものの、スーツケースと段ボールを持つ余裕は皆無なので、ワインは服、タオル、で厳重に巻いてスーツケースに入れました。

f:id:koyukizou:20171010074406j:plain

チェックアウト時にコンシェルジュに荷物を預けファーマシーの場所を聞き無事入手。
まずは2粒飲みました。

この激痛がどれほど緩和されるのかわかりませんが、とにかく藁にもすがる気持ちです。とにかく日本まで耐えられますように!

f:id:koyukizou:20171111234531j:plain

 

ホテルにお願いしたシャトルバスは20時。4時間あります。
じっとしていても、歩いていても痛いので、サウスバンクの観光に出かけました。

サウスバンク散策

f:id:koyukizou:20171017163700j:plain

 

ヴィクトリア国立美術館

サウスバンクのビクトリア国立美術館では、Diorと北斎の催しものがあったのですが、閉館間近ということであきらめました。残念っ。

f:id:koyukizou:20171112125510p:plain

クィーン・ビクトリア・ガーデンズ

だんだん薬が効いてきて、この頃には午前中のような苦しみはなくそろそろ~っと動いている分には鋭い痛みから解放されました。公園のベンチに座って安堵感につつまれていました。これなら飛行機に乗れそう(> <

f:id:koyukizou:20171112130212j:plain

Eureka Tower Melbourne

ユーレカタワーは南半球で最も高い展望台を持つ超高層マンションです。88階のスカイデッキからはメルボルンの街が一望できます。

f:id:koyukizou:20171017173126j:plain

ビル入口のハチオブジェがかわいい~。エレベーターは超高速秒速9mなんだとか。88回まではあっという間なのですが、日本のような静かで高速なエレベーターでなく結構ガタガタ揺れて怖かったです(^^

f:id:koyukizou:20171112131536j:plain

しかし88階まで上がってしまうとそこは別世界。メルボルンメルボルン郊外が見渡せます。

f:id:koyukizou:20171112133645j:plain

展望フロアにはテラスもあるのですが、さらにスリルを求めたい方は”ザ・エッジ”というせり出す展望台へどうぞ(別料金) 床はガラスらしいので、高所恐怖症だと無理かも(^^

f:id:koyukizou:20171017180409j:plain

スカイデッキの込み具合は17:30の段階でガラガラ(^^ 平日なのも理由かもしれません。

f:id:koyukizou:20171017173837j:plain

スカイデッキは夕方から登って夕焼け夜景を見るのがいいかも~。
JALの直行便で帰国する場合、飛行機は00:35発ですので市内を8;30頃に出れば間に合うかと思います。チェックアウト後の過ごし方の一つとしてよいかもしれませんね。

スカイデッキからホテルに戻る途中、ヤラ川の橋の上で時間ぎりぎりまで夕焼けを粘ってみました。 美しい夕暮れでした。

f:id:koyukizou:20171017192927j:plain

スポンサーリンク

 

カイバ

カイバスの発着はサザンクロス駅です。24時間前に予約しておくと市内各所からサザンクロス駅まで無料で連れて行ってくれます。私はウエスティンチェックイン時にコンシェルジュにお願いしておきました。(夜間は運行していないので注意)

ウェスティンの車寄せはアーケードの下にあるためか、バス乗り場はホテル向かいのシアター前でした。

ホテルに着き荷物をピックアップ。いざシアターに向かおうとしたところホテルの入口で無料シャトルバスのドライバーさんが待っていてくださいました。ドライバーさんが荷物をもってくださり涙がでるほどうれしかったです。おそらく最初のピックアップ客だったのでサービスしてくれたんだと思います。すでにお客をピックアップしていたら車を離れられませんもんね。

この後数名のお客をピックアップしてサザンクロス駅に向かいましたが、ほんの10分程度の乗車にもかかわらず、帰国する人と見送る人のちょっぴり切ないドラマがありました。

f:id:koyukizou:20171112140353j:plain

カイバスのチケットは赤いスタンドの券売機で買えます~

f:id:koyukizou:20171017200959j:plain

f:id:koyukizou:20171017204133j:plain

バイバイ メルボルン。  

ビジネスクラスにアップグレード 

この腰の状態ですから、なんとかビジネスクラスにアップグレードし薬を飲んで寝てしまった勝ちです。 幸いビジネスクラスは空いており、2万マイルを使ってアップグレードしました。2万マイルあってよかった(T_T

しかも「JAL国際線アップグレード特典 空港当日申し込みサービス ディスカウントキャンペーン」のおかげで1.7万3000マイルは戻ってくる予定ですヾ(*´∀`*)ノ 懐痛めずに往復ビジネスクラスにアップグレードとなり、本当にラッキーでした♪

Marhaba Lounge

指定されたラウンジは、”Marhaba Lounge"。見つけるのが難しく他のラウンジで行き方を聞いてしまいました(^^

朝から口にしたのは昨日のスーパー購入品の残り物とアイスクリームだけ。痛み止めのおかげでなんとか食べられそうです。というかお腹ペコペコ(^^ あとは飛行機に乗れば日本へは帰れるという安心感でしょうか。

 

ラウンジはちょっと狭め。ダイニングエリアは食堂みたいな感じでした。

f:id:koyukizou:20171112143232j:plain

お料理はホットミールからコールドミールまでいろいろ。

f:id:koyukizou:20171112143220j:plain

見ればわかりますね?相当はらぺこです(^^

アルコールが入っているとは知らずにアップルサイダーを飲んでしまい失敗(;´Д`)
すーーーっごい後ろ髪惹かれながらアップルサイダーを残したのであります。

f:id:koyukizou:20171112143527j:plain

もちろん美味しそうなワインもありました。恨めしや腰痛。
ここのラウンジではラテをオーダーすると作ってくれるんです~。ハート型でほっこり。

f:id:koyukizou:20171112143245j:plain

 さようならメルボルン

f:id:koyukizou:20171018002517j:plain

窓側2列の通路側で帰ります。水平飛行に入ってすぐ、フルフラットで眠りにつきました。とはいえ薬を飲んでいてもきれちゃうと激痛なので目が覚めます。結局薬を飲んでは寝て、薬を飲んでは寝てを繰り返しでした。

フルフラットでもこれですから・・・プレミアムエコノミーだったら私どうなってたんでしょう。恐ろしくて想像もできません・・・

f:id:koyukizou:20171018003003j:plain

 

もちろん楽しむ余裕はまったくなかったのですが、まだ沖縄タッチが残っているので朝食だけはいただきました。和食美味しいなぁ。

f:id:koyukizou:20171018080425j:plain

さぁ、日本にたどり着いたぞ(T_T 

しかし最後の難関が!それは着陸後の急減速。

私・・・声上げてしまいました、

あぁ、だめ・・・(> <

って。私たぶん泣いてた・・

沖縄タッチ

沖縄タッチの前にスーツケースは宅急便で送りました。SPGアメックスの特典で無料でです、しかも当日配送。SPGアメックスでなくてもゴールドカード等には付帯していると思います。

これで身軽になりましたが・・ ターミナル2から3への630m通路の移動でさえももうしんどいので(歩くスピードは通常の3分の1くらいのスピードです・・・)、ターミナル間シャトルを利用しました。 着陸のダメージはかなり大きいです。

まだあれを2回も経験しないといけないのか・・・

那覇へはジェットスターで向かいます。沖止め勘弁・・・

f:id:koyukizou:20171018104013j:plain

ここでも薬を飲み、とにかく寝る作戦。

でも着陸時にはまた

あぁ、だめ・・・(> <

ダメージ10000!

解脱フライト

空港内でお土産を購入しチェックイン。解脱フライトなのでタッチアンドゴーで乗れるところ、ボーディングパスを発行してもらいました。

f:id:koyukizou:20171112150603j:plain

安心のJALシートに出会えてほっと安心。エコノミーで解脱なんてなんて分相応なんでしょう。

f:id:koyukizou:20171018161721j:plain

機内では都道府県シールもいただけました!富士山と郷里の岐阜があるのがうれしい♪

f:id:koyukizou:20171018170820j:plain

ですが着陸時にはまた↓な状態です

あぁ、だめ・・・(> <

ダメージ50000! 痛恨の一撃!

 

降機が始まっても立ち上がれない。通路がようやく空いた段階で

んんんんんーーーーーっ

って言いながらようやく立ち上がりました。

とぼとぼと歩く私に、CAさんから大丈夫ですか?とお声がけいただいたのですが、

「腰痛でして・・・」「それはお辛いですね、お大事に・・・」という会話をして飛行機を降りました。


でもね本当はね、

「このフライトでサファイアになったんです!」

とか言って明るく降りたかったんです。でも、こんな状態で情けないやら悲しいやら・・泣きながら家路についたのです。日本についてほっとしたこともあって、ポロポロでした。

 

 

というわけでちょっと辛いオカメル(OKA-MEL)解脱旅でした。締まりが悪くて申し訳ありません。

まとめは次回で!