うきまいる

うきたん 陸マイラーになる! その歩みの記録。

カンボジア旅行記4 - ロリュオス遺跡群

カンボジア全旅行記はこちらからどうぞ♪ JGC取得への道 カンボジア旅行  


  

ロリュオスは、シェムリアップ中心部から約12km離れたところで、アンコールに遷都されるまで都でした。 ここでは、ロレイ、バコン、プリア・コーという3つの寺院を見学できます。アンコール王朝(クメール王朝)のまさに初期の建築物となります!

ロリュオス遺跡群

位置関係

3つの遺跡は南北2km程度の範囲にあります。トゥクトゥクがそれぞれ遺跡の前まで連れていってくれます。

あ!そうだ!大事なことをお伝えしておりませんでした。

トゥクトゥクのドライバーは”連れて行ってくれるだけ”です。ガイドはしてくれません。知識を得るためにはガイドを雇うか、入念に下調べをするか、ガイド付きツアーに参加する必要があります。私一人のためにガイドを雇うのはもったいないと思いましたので、WEBと地球の歩き方で調べまくりながら観光しました(^^

f:id:koyukizou:20171005073502p:plain

ロレイ

スコールも去り陽がさしてきました! ですが・・・ロレイは工事中であります(T_T 

f:id:koyukizou:20170922140155j:plain

 

こちらにも、リンガヨニ。 

f:id:koyukizou:20171005071536j:plain

 

古代クメール文字。読めない私にはまるで呪文のよう。

f:id:koyukizou:20170922140551j:plain

 

美しいレリーフやデバター(女神像)も残っています。

f:id:koyukizou:20171005071849p:plain

 

f:id:koyukizou:20170922140508j:plain

古い遺跡ほど、レンガで作られているとのことです。おそらく王朝のはじまりですからリソースコストがそれほどかけられなかったのでしょう。石の建造物となると、切り出し、運搬、建築、と、すんごいパンパワーがかかりますもんね。
繁栄するに従って石で作られた大きな遺跡になっていきます。

南国らしいお花♪

f:id:koyukizou:20170922140914j:plain

 

バコン

続いてバコンへ! 
長い参道、遠くに見える遺跡にわくわくします。

f:id:koyukizou:20170922143345j:plain

これがバコン!最初のピラミッド式寺院として知られているそうです。
これまでの小規模遺跡と違ってかなり迫力があります。もしや・・・あの中心の塔は登れるのだろうか。

f:id:koyukizou:20170922143643j:plain

はい、登れます。(^_^;;
一段が高いので結構つかれます。 日本の階段の高さの倍くらいあるんじゃないでしょうか。

f:id:koyukizou:20170922144147j:plain

上からの景色はもちろん素敵なので登らないわけにはいかない!
この旅行最後までどの遺跡も登れるところは登りました(^^;; 老体にムチうちました。高いところから眺めると全体を俯瞰できていいですよね。 

f:id:koyukizou:20170922144308j:plain

この遺跡では阿修羅のレリーフが綺麗に残っています。でもこのブロックだけなんです。

f:id:koyukizou:20170922144859j:plain

 

ここには綺麗なシンハ像があります。シンハはサンスクリット語でライオンという意味です。お尻がかわいいの。

シンハ像は4辺の通路(階段)を、4角は、ぞうさんが見守っています。残念ながらここのぞうさんはお鼻がありませんでした。

f:id:koyukizou:20171007071510j:plain

 

まわりの祠の階段がとてもかわいかった!

実際?の階段部分はただの階段なのですが、1,2段目はこんな風に装飾されている&形がかわいいの。桃のような、ハスのお花のような。

f:id:koyukizou:20171007070554j:plain

レンガ造りの建物と、石造りの中央祠堂の対照的な感じが素敵です。
石づくりはどこか男性的、レンガ造りはどこか女性的に感じます。

f:id:koyukizou:20170922145845j:plain

 

柱の細部も彫刻がしてあって本当にすてき! ほぅ ってため息でちゃいます。
クメール美術万歳!

f:id:koyukizou:20170922145900j:plain

 

f:id:koyukizou:20170922143550j:plain

 

プリア・コー  アンコール遺跡最古の寺院

ロリュオス遺跡群最後の遺跡は プリア・コー。この寺院はアンコール遺跡群で一番古い寺院となります。 こじんまりしたレンガ造りの遺跡ですが、レリーフはなかなかすごいです!

f:id:koyukizou:20170922153516j:plain

プリア・コー。聖なる牛という意味とのこと。 牛さんの像もありますが、シンハ像もあります。お尻がかわいい。ぷりっ。

f:id:koyukizou:20171007153049j:plain

こちらにも美しいカーラのレリーフ

カーラ 時間を象徴する神で、死者の王である「ヤマ」の別名もある。 

f:id:koyukizou:20170922152802j:plain

 

こちらは両側にナーガ。

ナーガ 蛇神。毎年脱皮することから不死の象徴

f:id:koyukizou:20171007153925p:plain

 

金剛力士像の上部は漆喰で美しいレリーフが残っていました。レンガの上は漆喰だったのかな。元の姿はさぞかし美しいレリーフで覆われたいのでしょうね。
今は赤いレンガの遺跡ですが、昔は真っ白だったのかな。

f:id:koyukizou:20170922153237j:plain

 

扉のレリーフも本当に細かい! まさにレース。

f:id:koyukizou:20171007154800j:plain

f:id:koyukizou:20170922152704j:plain

 

プリア・コーは小さいけど見ごたえのある遺跡でした。さて今日の観光は終わりです。ホテルへ向かいます!

サエム シェムリアップ ホテル

今回はお宿は、サエム シェムリアップ ホテル(Saem Siem Reap Hotel)です。
当初、SPGアメックスを発行したばかりということもあり、ル メリディアン アンコールに泊まろうかなと思っていました。約1万円/泊です。これでもお手頃価格の印象ですが、もっと安い、いいえ激安なホテルを見つけてしまったのです。それがこのサエム シェムリアップ ホテル。タイムセールもあって なんと驚きの

4泊 16,657円 (空港送迎付き)

4泊ですよ、4泊! レビューもなかなかですので、即決です!

f:id:koyukizou:20171007160343j:plain

まったくもって清潔!

f:id:koyukizou:20171007162508j:plain

 

f:id:koyukizou:20171007162519j:plain

ウェルカムフルーツもありました。 お水は毎日2本届けてくださいました。遺跡まわりの屋台で買うと、1本1ドルです。

f:id:koyukizou:20171007162531j:plain

 

1日目はお昼は抜いて機内食のパンをキープしていましたのでそれをかじっていましたが、さすがにおなかがすきました。

まずはほてった体を冷やすべくプールで体を冷やしてから、ホテルのレストランで夕食をいただきました。
おすすめはTraditional Amok Fishとのこと。雷魚なのですね~

アーモック・トレイ (អាម៉ុក​ត្រី) - 魚(雷魚)とココナッツミルクとカレーペーストをバナナの葉で包んで蒸したもの。

カンボジア料理 - Wikipedia

 ↑のような解説ですが、一言でいうならば 辛くないタイカレーのような味でとても美味しかったです!
お料理は6.45ドル、モヒート4ドル。ホテルでこの値段なら満足です。

f:id:koyukizou:20171007163011j:plain

 

移動距離91km

1日目のトゥクトゥク移動距離は約91km。 私も頑張ったけど、ドライバーさんもお疲れさまでした。
f:id:koyukizou:20171007155934p:plain

 

明日はもっと移動しますよ!