うきまいる

うきたん 陸マイラーになる! その歩みの記録。

ボルブドゥール遺跡&プランバナン寺院遺跡旅行記4 - バティック(Batik)

ここまでのお話はこちらからどうぞ♪

いざっ、うき参る♪ インドネシア行ってまいります♪
・1 - 成田
・2 - これが初ビジネス♪
・3 - KLIAゴールデンラウンジサテライト


 

2回ほどジャカルタ方面に曲がったバス。かなりの冷や汗です。

f:id:koyukizou:20170902070858p:plain


ジャカルタの交通渋滞はかなり深刻なものと聞いていましたので、折り返すにしてもいったんジャカルタに向けて走り出したら最後、3時間後のガルーダ・インドネシア便には乗れないだろうな、と。

そもそも、ターミナル間の移動も時間がかかり利用客も多く乗り換えには4時間ほどみておくようにとの記事があったので余裕を持った乗り継ぎにしてありました。が、さすがにジャカルタ市内までいっちゃったらアウトだわな。

でも、バスには「Free Shuttle Bus]って書いてあるし、Freeじゃ市内まで行くはずもないからな、大丈夫、大丈夫、と自分に言い聞かせ不安を飲み込みます。

f:id:koyukizou:20170824091428j:plain

 

という心配はよそに、なんとか"ターミナル3"方面に向け曲がってくれました。お騒がせしてしみませんっ。
何やら建屋が見えてきました、なにせ初めてのスカルノ・ハッタ空港、みただけじゃ何ターミナルかわかりません。バスの窓からのぞきこんでもわかりません。
バスがターミナルの前で止まった時、運転手、運転手の隣に乗っていたお客様が、

「ターミナル3だよ!」

と声をそろえていってくださいまして、ちょっとジーンときちゃいました。(T_T
ありがとうございますっ。

 

そしてついたターミナル3アルティメット。 先ほどのターミナル2とはうってかわってえらく近代的。左半分が国際線、右半分が国内線みたい。
そしてガルーダ便ばかり、ここがガルーダ・インドネシアの本拠地なんですねぇ。でもターミナル2着の国際線をこちらに到着させた方が海外からのお客を呼び込めるんじゃ??と思ったのでした。

f:id:koyukizou:20170902072646p:plain

 

WEBを検索していましたら、ガルーダ・インドネシア航空のプレスリリース(2016Aug)がでていました、ふむふむ新しい2016年8月9日に開業したばかり。ガルーダ・インドネシア航空の国際線は現在ターミナル3アルティメットにうつっているようですね。

https://www.garuda-indonesia.com/files/pdf/jp/news/TYOGA-8-AUG16_final02.pdf

https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/news-and-events/201704_04.page?

他社国際便はどうなるんでしょうね。

 

さて、ジャカルタジョグジャカルタの移動は別手配のガルーダ・インドネシア便となります。こちらは1時間もかからないのでエコノミーです。往復で約1,6万円、安くてびっくりしました。

 

空港内は大好きな蘭の花でいっぱいでした。木に張り付けてあるディスプレイをみると着生植物なんだということを思い出します。 旅行中うちの蘭たちは大丈夫だろうか。。
オーキッド(蘭)っていうとタイ航空というイメージですね。(個人的なタイのイメージは、ブーゲンビリアとベンジャミンの印象の方が強いのですけども。。)

f:id:koyukizou:20170902072248p:plain

 

スライムタワー。 かなり強そう。 (かえってドラクエやらなきゃ)

f:id:koyukizou:20170824092959j:plain

 

 

私のサロン愛は以下の記事でお話した通りなのですが、今回の旅行中にサロンに出会えないかなと期待半分でいました。そしたらスカルノ・ハッタ空港に「Batik Keris」というお店がありたくさんの生地が売っていました!

www.ukimile.com

 

いやぁ、いろんな生地みてるだけで気分はあげあげ。※ピンボケですみません。

f:id:koyukizou:20170902081137p:plain

 

18年前は、マレーシアで出会ったサロンなのですが、その時は”街の生地やさん”って感じのお店で購入しましたし、空港でおみやげ物としてみた記憶もありません。
というわけで今回も地元の方が行くようなお店でしかサロンを買えないと思っていたのです。ですから”期待半分”だったのです。

そしたら、新しいターミナルにどどーんとかまえた「Batik Keris」というお店があるじゃないですか、私としてはかなりびっくりし、
「普段着のサロンが、ここまで有名になるとはねぇ、バリ島の観光から火がついたのかなぁ」

と感慨にふけりました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
謝ります。
謝らせてくださいっ。

f:id:koyukizou:20170830193308p:plain

 

バティックBatik)は、インドネシアマレーシアろうけつ染め布地の特産品。インドスリランカイランタイなどでも多く見られるが、インドネシア、マレーシアのものが最も多い。特にジャワ島のものが有名なため、「ジャワ更紗」と呼ばれることもある。

18世紀頃から作られるようになり、用途はサロン(腰巻き)、パレオスカーフハンカチ頭巾など様々なものがある。 2009年10月2日インドネシアのバティックは、ユネスコ無形文化遺産に認定された。

バティック - Wikipedia

 

ここは本場でしたぁぁぁぁ orz

それもユネスコ無形文化遺産にも認定されてるって。。。私無知すぎ!調べてなさすぎ! なさけないっ。失礼しましたっ、ごめんなさいっ。

 

↑こんなことを現地ではしりませんでしたので、無知な私はのんきに生地を購入したのでありますっ。2枚で4300円程度でした。
@2017年8月27日現在、スカルノ・ハッタ空港の「Batik Keris」ではアメックスが使用できませんでした。

f:id:koyukizou:20170902090935p:plain

 

ここで初めてのキャッシュでのお買い物をしました。 ジョグジャカルタに着いたらすぐに観光なのでお水を買っておこうかと。 そして伝えられたお値段は

「フィフティーン」

1インドネシアルピア =0.00826993053 円 (2017年9月2日現在)
ですよ、どんだけ水が安いねん、って思ったのですが、どうも15,000インドネシアルピアのことを指してる気配。インドネシアでは1000の位は省くようで、この後もずっとそうでしたし、1000より小さいお金をみかけることもありませんでした。 
ウィキペディアにもそのように記載がありあました。
必然的に桁数が多くなるため、一般的には3桁で区切られ、"."(ピリオド)が用いられる。小数点を参照のこと。一部の店舗等では、下3桁を省略して価格表示をしている。または、1,000を意味する ribu を用いて、10万ルピアを 100 ribu と表記している。
 

窓の外は、ガルーダ・インドネシア機でいっぱい&大渋滞。

f:id:koyukizou:20170824101840j:plain

 

さて、ジョグジャカルタに向けて出発です。

エコノミー席です。ここまでビジネスでしたので狭さが身に沁みます。短いフライトでしたがカレー味のパン、お水、スナックが入ったランチボックスがでました。
パンはとても美味しくて軽めのお昼となりました。(写真撮るの忘れました。。)

f:id:koyukizou:20170824120048j:plainf:id:koyukizou:20170824130828j:plain

 

どんっ。ジョグジャカルタ アジスチプト空港に着きました。ザ・南国♪

f:id:koyukizou:20170824135958j:plain

オール沖止めです。このタラップがこれまたガタガタ。結構こわいです。

f:id:koyukizou:20170902094909p:plain

 

さーてここからが旅の本番です。


ボルブドゥールとプランバナン、空港の位置関係は以下のような感じです。

f:id:koyukizou:20170902102150p:plain

ジョグジャカルタでは、バスで移動して観光するのもありなのですが、私のように滞在時間が短い旅行者にはちょっと不利。遺跡の方に時間をかけたいのでタクシーでの移動をベースに考えます。 口コミを調べてみるとタクシーの値段もいろいろでしたが、空港からボルブドゥールまではタクシー2000円前後/約90分が相場のようです。

 

さて、本日のプランは2つです。

プランA

2日目 午後 プランバナン寺院遺跡 ボルブドゥール
ホテルマノハラ泊
3日目 早朝 ボルブドゥール遺跡 サンライズツアー  
午前 ボルブドゥール遺跡  
夕方 移動 GA ジョグジャカルタジャカルタ  
 
プランB
2日目 午後 ボルブドゥール遺跡
ボルブドゥール遺跡 サンセットツアー
ボルブドゥール
ホテルマノハラ泊
3日目 早朝 ボルブドゥール遺跡 サンライズツアー  
午前 プランバナン寺院遺跡  
夕方 移動 GA ジョグジャカルタジャカルタ  

 

なんだかんだ疲れてるし今日はとりあえずホテルに向かって荷物をおろして、ゆっくりボルブドゥール遺跡を楽しもうか、プランBとしよう、と思ってターミナル出口に向かいました。
それにタクシーをチャーターするとか、プランバナンで待っていてもらいその後ボルブドゥールに移動とか、そういう交渉も面倒だったので、ホテル直行!の方がタクシーの手配が楽だという思惑もありました。

プランB ホテル直行だ!と決意し、出口に向かいます。どんなタクシーの呼び込みの嵐なんだろう、と不安に思っていたところ、 出口手前にタクシーの手配所のようなものが。 (写真がなくてすみません)

受付のお姉さんの英語はわかりやすかったので相談させてもらいました。
マノハラホテルまでなんだけどー というと300,000ルピア(約2500円/約90分)とのこと。
プランバナン行って、それからホテルまでっていうのもあり?って聞いたら、それだったら550,000ルピア(約4500円)とのこと。プランバナンに行って、その間待ってもらってということを考えると拘束時間は2倍以上、4時間以上になるな、と思ったので550,000ルピア(約4500円/約4時間以上)でOK、手を打ちました。(今から思えば値切れたんだろうなと思うのですが。。。)

600,000ルピアをレジのお姉さんに渡して、↓レシートをもらい契約完了とばかりタクシーの運転手につれられていきそうになったのですが、「おつりは?」とちゃんと催促。
おつりの50,000ルピアを受け取ったのですが、今レシートを見ると。。。500,000ルピアってなっとるやん! レシート受け取った時点でちゃんと確認すればよかった!

f:id:koyukizou:20170902110503p:plain

 

でもまぁいいや、英語がちゃんと通じてアレンジしてもらえたし550,000ルピア(約4500円)にも納得したので、チップってことで。

ちなみに、クレジットカードの金額はその場ですべて確認しています。一桁違ったらすごい請求額になるし、後から何をいってもどうしようもないですから。特にルピアは桁が多くてパッと計算できないので入念に確認しました。
今回のタクシーの支払は現金払い、後から被害額に気付くこともないですので確認をおこたってました、反省。

さて、タクシーの手配所に立っていた呼び込みに見えたおじちゃんはタクシーの運転手で、そのまま私を自分のタクシーまでつれていってくれました。ジャカルタもそうでしたがトヨタのタクシーが多かったです。(あぁ、車の全貌を撮るのを忘れた。。)

f:id:koyukizou:20170902111848p:plain

これでプランバナン寺院遺跡まで向かいます。やっと念願の遺跡たちに会えます!

続く

 


インドネシア ボルブドゥール遺跡&プランバナン寺院遺跡旅行記リンク

いざっ、うき参る♪ インドネシア行ってまいります♪
・1 - 成田
・2 - これが初ビジネス♪
・3 - KLIAゴールデンラウンジサテライト
・4 - バティック(Batik) 

・5 - プランバナン&ボコの丘
・6 - ボルブドゥール
・7 - ジャカルタそして帰国
・8 - まとめ JGC修行はどうするの?